残業代不払い請求 労務トラブル 時間外労働 社会保険料削減 メンタルヘルス 賃金 退職金
お知らせ

2017/02/01平成29年1月20日(金)京都中小企業家同友会の支部定例会で、「会社を元気にする!使いやすい『助成金』活用術」というテーマでお話をさせていただきました。
2017/01/20改正育児介護休業法が平成29年1月1日に施行されました。関与先である某派遣会社の幹部社員向けに、改正点のポイントを解説させていただきました
2016/03/01平成28年2月22日(月)京都商工会議所主催の第3回人事労務サポートセミナーで「労働関係法改正と今後の対応」というテーマで、非正規社員、女性社員、高齢社員の活用と処遇について解説致しました。
2015/09/299月28日(月)京都商工会議所主催の第2回人事労務サポートセミナーで講師を務めました。「会社を守る就業規則のポイントと労務管理」というテーマで100名超の方の参加申し込みをいただきました。
2015/06/156月8日(月)京都商工会議所主催の人事労務サポートセミナーで「平成27年度使える助成金の最新情報と活用法」というテーマで講師を務めました。今年度新設・拡充された助成金を中心に解説致しました。

>> 一覧へ

京都 社会保険労務士 CFP 京都商工会議所 信託銀行 就業規則 助成金 労務トラブル対策
ご挨拶

 京都市で社会保険労務士事務所を開業しています、特定社会保険労務士・CFP(ファイナンシャルプランナー)の大久保祥司と申します。

 中小企業の経営者であれば、誰もが抱いている企業経営についての「熱い想い」。 
それは、「事業に対してであり、「顧客に対してであり、そして「従業員」に対しての想いです。
そのような「熱い想い」が、必ずしも十分に伝わらないという、「もどかしさ・疑問」を感じられたことはありませんか?

・「今までこんな問題は起きなかったのに、何故だろう?」
・「対策を講じる必要性を感じているが、具体的にどうすればいいのか?」
・「何かもっと良い方法があるはずだ!」
・「法改正の最新情報それも整理された情報が欲しい!」
・「この処理方法・対処方法で法的に問題はないだろうか?」

 人事労務に関して、社長さんが抱えているこのような「もどかしさ・疑問」は、様々な「労務リスク」を
 内在している可能性があります。このような社長さんの「もどかしさ・疑問」の原因を解明し、その原
 因を取除くためのお手伝いをさせていただきます。  
 

 私は信託銀行及び信託銀行系不動産会社で、個人・法人の資産運用、融資業務、不動産業務に従事した経験と、その勤務の傍ら約3年間務めました京都商工会議所中小企業経営相談センターのプロジェクト推進員としての幅広い経験を活かし、“中小企業の経営者の良きパートナー・アドバイザー”として、また社長さんから人事労務を任されている、“人事労務管理担当者の知恵袋”として人事労務に関する諸々の問題のご相談に応じて参ります。

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
労働者名簿
労働基準法の規定に基づき、事業所に備えつけなければならない重要書類のひとつである労働者名簿のサンプルです。
shoshiki019.doc(31KB)  shoshiki019.pdf(4KB)

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   
 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、定年再雇用者の無期転換権についてとり上げます。 >> 本文へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法2017/04/25
企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   
 4月は新卒を始め、従業員の入社が多い月となることから、今回の旬の特集では従業員が入社する際に行うべき法的事項とその留意点についてとり上げましょう。>> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 新卒社員の入社に関する業務が一段落したところかと思いますが、そろそろ夏季賞与算定の準備が必要ですね。業務がたくさんあるので、計画的に進めていきましょう。>> 本文へ

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
時間外労働(残業)
一般的には所定労働時間を超えて労働する時間をいう。時間外労働には、労働基準法第32条で定める法定労働時間を超えて労働する時間外労働と、所定労働時間を超え、法定労働時間内で労働する時間外労働の2種類に分けて把握されることがある。前者を法定外労働、後者を所定外労働や法定内残業等と呼ぶことがある。

お問合せ
大久保社会保険労務士事務所
 代表 大久保 祥司
〒615-0815
京都市右京区西京極中沢町1−13−2−212
TEL:075-311-7050
FAX:075-311-7050
メールでのお問合せ
ohkubo-office@ac.auone-net.jp